よくある質問

建設業
Q1. 従業員がケガをした際、保険金受取はどうなりますか?
A1. 直接、従業員の方にお支払いするか、契約時、包括同意書を立てて会社受取も可能です。
Q2. 通勤中の事故は補償されますか?
A2. 補償されます。ただし自動車の運転中等は免許書の確認、事故証明書が必要です。
Q3. 外注の下請けに保険を掛けることはできますか?
A3. 出来ます。決算書に外注費が載っている場合、対応できる任意労災保険もあります。
Q4. 毎月、現場の人数が著しく変わります。従業員や下請業者の補償は大丈夫ですか?
A4. 人数の変動が激しい場合は決算書による売上高式で契約致しますので可能です。
Q5. 毎月の人数の報告は必要ですか?
A5. 売上高式の場合は必要ありません。人数式の場合は毎月の人数報告が必要です。
Q6. 保険料は損金処理できますか?
A6. 保険料は全額損金処理できます。
Q7. 安全協力会の労災上乗保険として採用できますか?
A7. もちろん採用できます。多くの協力会で採用しています。
Q8. 労災を使いましたが労災上乗せ保険は使えますか?
A8. 使えます。死亡・後遺障害・入院・通院・休業補償など労災と関係なくお支払いできます。ただし治療費用は労災から全額補償されますので対象となりません。
Q9. 労災を掛けているが上乗せ労災も必要ですか?
A9. あくまで任意です。しかし労災はあくまで最低限の補償ですから足りない分を補い、また労災賠償の対策で企業としては必要だと思います。自動車保険で自賠責保険が労災保険で任意の自動車保険が任意労災保険というイメージです。
このページのトップに戻る

お問い合わせ・資料請求


製造業
Q1. PL法の対象となる製造物とはなんですか?
A1. PL法では製造物を「製造または加工された動産」と定義しています。つまり、不動産・ 電気等の無形エネルギー、ソフトウエアや運送等のサービスは対象外です。 魚や野菜を加工せずそのまま販売している場合はPL法は適用されません。(民法上の 不法行為に該当する場合は賠償責任は発生いたします。)
Q2. リコール費用の補償はどんなときに使うのですか?
A2. 日本国内で生じた製品による対人・対物事故に対応して、日本国内でおこなわれる製品のリコールに要する費用(リコール開始日から1年以内に生じた費用)を補償します。
Q3. 施設の管理に起因する賠償事故の施設賠償もカバーできますか?
A3. 出来ます。決算書に外注費が載っている場合、対応できる任意労災保険もあります。
Q4. 通勤中の事故は補償されますか?
A4. 傷害保険については補償されます。ただし自動車の運転中等は免許書の確認、事故証明書が必要です。
Q5. 毎月の人数の報告は必要ですか?
A5. 傷害保険については、人数の変動が激しい場合は決算書による売上高式で契約致しますので可能です。
Q6. 労災を使いましたが労災上乗せ保険は使えますか?
A6. 使えます。死亡・後遺障害・入院・通院・休業補償など労災と関係なくお支払いできます。ただし治療費用は労災から全額補償されますので対象となりません。
Q7. 労災を掛けているが上乗せ労災も必要ですか?
A7. あくまで任意です。しかし労災はあくまで最低限の補償ですから足りない分を補い、また労災賠償の対策で企業としては必要だと思います。自動車保険で自賠責保険が労災保険で任意の自動車保険が任意労災保険というイメージです。
Q8. 建物ごと、構内ごとばらばらに保険に入っているので、管理がわずらわしいので何とかならないか。
A8. 火災保険については、複数の建物・複数構内の保険契約を1本化できしかも、割引が適用されます。
Q9. 防火・防災対策を講じている分、保険料はやすくならないの?
A9. 火災保険については、建物・什器備品等のリスク診断に基づくお客様独自の優良リスク割引を適応します。
このページのトップに戻る

お問い合わせ・資料請求


運送業
Q1. お客様からお預かりした商品を輸送中に盗難に遭いました。
A1. 補償の対象となります。
(運送業者向け貨物賠償責任保険)
Q2. 輸送中に車が横転し、お客様からお預かりした商品を破損してしまいました。
A2. 補償の対象となります。
(運送業者向け貨物賠償責任保険)
Q3. 外注の下請け業者も補償されますか?
A3. 補償の対象となります。
(運送業者向け任意労災保険)
Q4. 通勤中の事故は補償されますか?
A4. 補償されます。ただし自動車の運転中等は免許書の確認、事故証明書が必要です。
(運送業者向け任意労災保険)
Q5. 毎月の人数の報告は必要ですか?
A5. 人数の変動が激しい場合は決算書による売上高式で契約致しますので可能です。
(運送業者向け任意労災保険)
Q6. 労災を使いましたが労災上乗せ保険は使えますか?
A6. 使えます。死亡・後遺障害・入院・通院・休業補償など労災と関係なくお支払いできます。ただし治療費用は労災から全額補償されますので対象となりません。
Q7. 労災を掛けているが上乗せ労災も必要ですか?
A7. あくまで任意です。しかし労災はあくまで最低限の補償ですから足りない分を補い、また労災賠償の対策で企業としては必要だと思います。自動車保険で自賠責保険が労災保険で任意の自動車保険が任意労災保険というイメージです。
Q8. 保険料は損金処理できますか?
A8. 保険料は全額損金処理できます。
このページのトップに戻る

お問い合わせ・資料請求


人材派遣業
賠償
Q1. 人材派遣賠償はどんな保険ですか?
A1. 貴社の事業活動に伴って発生した第三者に対する事故による法律上の損害賠償責任を補償します。
Q2. 補償範囲はどうでしょうか?
A2. 派遣先(労働者派遣における貴社の派遣先)が負担する賠償責任、発注者(業務請負における発注者)や下請負人(業務請負における貴社の下請負人)が負担する賠償責任が範囲です
Q3. 派遣先・請負先の管理財物の損壊についても補償されますか?
A3. 貴社の派遣先の施設、業務請負を行う施設内にある次の財物の損壊に対する賠償責任も補償します。
労災
Q4. 通勤中の事故は補償されますか
A4. 傷害保険については補償されます。ただし自動車の運転中等は免許書の確認、事故証明書が必要です。
Q5. 毎月の人数の報告は必要ですか?
A5. 傷害保険については、人数の変動が激しい場合は決算書による売上高式で契約致しますので可能です。
Q6. 労災を使いましたが労災上乗せ保険は使えますか?
A6. 使えます。死亡・後遺障害・入院・通院・休業補償など労災と関係なくお支払いできます。ただし治療費用は労災から全額補償されますので対象となりません。
Q7. 労災を掛けているが上乗せ労災も必要ですか?
A7. あくまで任意です。しかし労災はあくまで最低限の補償ですから足りない分を補い、また労災賠償の対策で企業としては必要だと思います。自動車保険で自賠責保険が労災保険で任意の自動車保険が任意労災保険というイメージです。
このページのトップに戻る

お問い合わせ・資料請求

Copyright (C) 2009.ACT Co., Ltd. All Rights Reserved